不在の多い個人向けテレマ サイバーダイヤル システム

システムが複数の電話番号に自動ダイアル!
応答回線をアポインターに瞬時に繋ぎます。

不在が多く繋がりにくい個人宅へのテレマに最適です!
サイバーダイヤルは複数回線で発信できるコールセンターシステムです。 オペレータ1名に複数回線を用意し、システムが自動発信、応答した回線をアポインターに繋げます。 手がけの架電の約3倍の接続効率を実現します。
「とにかく繋げたい」とお思いの企業様向けのCTIシステム。 不在が多く繋がりにくい非効率な個人向けの電話営業で、オペレーターを増員しなくても、すぐに、約2倍以上の効果を上げることが可能なシステムです。

サイバーダイヤル システムについて

平日昼間の個人宅へのテレマは下記の通り、オペレータのダイヤル作業の実に半分以上は、相手と会話が出来ない無駄な作業に終始しています。 つまり、時給の約50%が相手に繋がらない作業に費やされています。 応答なしの不在はどんなことをしても避けらません。
オペレータ1人に1回線での発信では不在の多い個人宅へのテレマは非効率と思いませんか?

オペレータ1人に2〜5倍の回線で発信できるステムがあれば、在宅率が20%(10件中のわずか2件だけが在宅)の場合でもオペレータは待ち時間なく相手と会話ができ、成果へつながる可能性が増大します。
この、2〜5倍の回線で発信できるシステムが「サイバーダイヤル」です。

  • 作業効率が大幅にアップし、業務管理がしやすくなります。
  • 人件費が大幅に削減でき、利益率がUPします。
  • 従来の人数で、約2倍〜3倍の電話営業が可能となります。
  • 複数の事業所がある場合、統合が可能となり事務所経費や電話回線が削減できます。

約50%以上が繋がらない電話

平日昼間の個人宅へのテレマは会話が出来ない無駄な作業に終始しています。

繋がらない電話グラフ

※上記の数値は当社調査の数値及び比率です。また、発信リストなど諸条件によりすべて異なります。

主な機能

サイバーダイアルの主な機能
発信
: リストから自動発信。3グループ別発信。
再発信予約
: 再発信予約日が設定でき追客に便利です。
自動記録
: 通話日時などのデータ記録。会話の録音もデータ記録できます。
記録入力
:  【4項目のスクリプト】
あらかじめ質問と回答を用意しておくことで、マウスのクリックのみでの入力が可能になり、詳細な相手情報を取得できます。

Q:太陽光発電に興味がありますか?
A:興味がある / 話が聞きたい / あまり興味がない
顧客管理
: 見込み客の管理ができます。
その他
: 日報印刷、アポイント数表示

システム構成

サイバーダイアルのシステム構成

  • Windows XP、PCIバス対応
  • LAN接続で2〜60席まで
  • 電話回線はアナログ・ISDN64・INS1500・IPがご利用いただけます。
  • CTI音声応答カード(株式会社アバール長崎社製品)
  • 電話機(ブレステル)

レンタル/販売/リース 無料でお見積もりいたします。

フリーダイアル:0120-61-0811

受付:平日10:00 - 18:00